【今回の回答はこちら】 

① 労使合意のもとに定めた賃金が最低賃金を下回る場合、最低賃金額と同様の定めをしたものとみなされる。

答えは・・・〇

最低賃金は、「最低賃金法」という法律で決められています。
最低賃金の減額の特例が認められている場合を除き、最低賃金額より低い賃金で契約した場合は法律によって無効とされ、
最低賃金額と同様の定めをしたものとみなされます。また、使用者が最低賃金以上の賃金を支払っていなかった場合、
使用者は労働者にその差額を支払う必要があるとともに、罰則が適用されます。

 派遣元と派遣先の所在地がそれぞれ別の県にある場合は、派遣“元”の最低賃金が適用される。

答えは・・・ ×

派遣労働者については、派遣元の事業場の所在地にかかわらず、派遣先の事業場の最低賃金が適用されます。

いかがでしたか?次回もお楽しみに!

■アヴァンティスタッフでは、
人材派遣・人材紹介・アウトソーシング・
企業研修・語学研修など、
人材に関する幅広いニーズにワンストップでお応えしています。

 

  • 本社住所
  • 〒103-0026
    東京都中央区日本橋兜町6-7
    兜町第7平和ビル(旧:ヒューリック兜町ビル)